世界遺産の中の自然遺産 自然遺産 世界の自然遺産のことをもっとしろう

スポンサードリンク

世界遺産の中の自然遺産

最近「世界遺産」という言葉をよくききますね。

「1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然

遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて、

世界遺産リストに登録された遺跡や景観そして自然など、

人類が共有すべき普遍的な価値をもつものを指す。」

(ウィキペディア 参照)

となっています。

その中でも、私は「自然遺産」

に興味があります。

「自然遺産」

すぐれた価値を持つ地形や生物、景観などをもつところ、という

分類になっています。

細かく定義を見ると

かわいいひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ、

最高の自然現象、または、地域を含むもの。

かわいい地球の歴史上の主要な段階を示す顕著な見本であるもの。

(生物の記録、地形の発達における重要な地学的進行過

程、重要な地形的特性、自然地理的特性など)

かわいい陸上、水辺および、海洋生物と動植物の進化と発達に

おいて、進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを

示す顕著な見本であるもの。

かわいい生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ

意義深い自然生息地を含んでいるもの。(科学上、または、

保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れの

ある種の生息地など)

このような定義で登録されているそうです。

なかなか難しい内容ですふらふら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。