セントキルダ島 自然遺産 世界の自然遺産のことをもっとしろう

スポンサードリンク

セントキルダ島

kilda_home.jpg
kilda.jpg



晴れセントキルダ島は、ブリテン諸島最北端に位置する群島で

す。ノースユイスト島(North Uist)の西方約65キロに位置し、その

先にはロッコール島しかありません。

群島全域がユネスコの世界遺産およびナショナル・トラストに

指定されています。

ボーレー島(Boreray)、ヒルタ島(Hirta)、ソアイ島(Soay)、

ダン島(Dun)の4島が主な島。全島が無人島で、ナショナ

ル・トラストから派遣された監視員数人が交代で駐留する程度で

す。

名前の由来は諸説存在しますが、古代ノルド語で『おいしい井戸

水』を意味するsunt keldaが有力です。他にもヒルタ(Hirta)や聖

ヒルダ、或いは 古代スカンジナビア語で盾を意味するSkilderが

訛ったという説もあります。

また、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に指定されているだけでな

く、ニシツノメドリやコシジロウミツバメの繁殖地としてはイギリ

ス最大級の規模を誇ります。一方、ダン島においては

フルマカモメのイギリス最大級の繁殖地として有名です。

セントキルダ群島は、ブリテン諸島で最も壮観な断崖絶壁がある

ことでも有名です。

最高点はコナシェア(Conachair)で429.7メートルで、そこにある

コナシェアの丘は海岸までの高さが430メートルでヨーロッパ一高

いです。(『ウィキペディア(Wikipedia)』参照)

ひらめきhttp://www.kilda.org.uk (セントキルダ島 HP)


タグ:自然 環境
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。