ガラパゴス諸島保護のニュース 自然遺産 世界の自然遺産のことをもっとしろう

スポンサードリンク

ガラパゴス諸島保護のニュース

晴れ保護を強化へ エクアドル(ニュース記事)

キト──南米エクアドルの沖合に浮かぶユネスコの世界遺産ガラ
パゴス諸島が、環境破壊の危機に直面しているとして、エクアド
ルのラファエル・コレア大統領は10日、閣僚に対し、保護策を
議論するよう指示した。対策として、観光客の立ち入り制限など
が検討される見込み。


ガラパゴス諸島は、エクアドルの西約1000キロの太平洋上に
ある火山群島。英科学者チャールズ・ダーウィンが、各島に生息
する小さな鳥「フィンチ」の形態の違いをきっかけに、「進化論」を著したとされている。


多様な固有動植物が生息しており、ユネスコが1979年に世界
遺産(自然遺産)に指定。世界各国から観光客が訪れるため、エ
クアドル屈指の外貨収入源となっている。


しかし、観光客の増大と諸島の居住者が増加し、環境破壊が顕著
になっている。ユネスコは今年3月、エクアドル当局に対し、も
ろくて繊細なガラパゴスの生態系が危機に直面していると警告。
これを受け、コレア大統領が議論の緊急命令を出した。


保護対策として、観光客の訪問を制限するほか、諸島居住者の規
制強化、諸島への航空機乗り入れの制限などが考えられている。


ガラパゴス諸島の住民は現在、約1万5000人。観光業や漁業
などで生計を立てている。エクアドル政府は昨年、住民約500
0人を、エクアドル本土へ移住させる計画を発表している。

( 2007.04.12 Web posted at: 15:11 JST- CNN/APから)

晴れこのようなニュースがありました。自然遺産保護の

ために、住民を移住させないといけなくなってしまったんですね。

この中には、先祖代々そこに住んでいた人たちも多くいると

思うのですが、その人たちにとってはずいぶんと迷惑な話だと

思われます。ちょっと複雑な心境になります。ふらふら

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。