日本の自然遺産 白神山地 自然遺産 世界の自然遺産のことをもっとしろう

スポンサードリンク

日本の自然遺産 白神山地

shirakami.jpg
晴れ白神山地(しらかみさんち)は、青森県の南西部

から秋田県北西部にかけて広がる山地で、人の手が加えら

れていないブナの原生林からなる地域です。

全体の面積は13万haでそのうち約1万7千ha(169.7km²)が

ユネスコの自然遺産に登録されています。

青森県側の面積はそのうち74%の126.3km²を占め、

残る43.4km²は秋田県北西部になります。

世界遺産(自然遺産)地域は、中央部の核心地域と、

周辺の緩衝地域に分かれ、これらの地域は世界遺産登録時

より開発を行わず、現状のまま保護される事になって

います。

従って、これらの地域には遺産登録以前からあった

登山道以外には道はなく、

今後も恒久的に整備されない予定です。

特に核心地域には道らしい道はありません。

しかも、青森県側の核心地域に入るには、事前、あるいは

当日までに森林管理署長に報告をする必要があります。

秋田県側の核心地区は原則的に入山禁止です。

ということは、基本的に観光客は自然遺産地域には

簡単に入るには難しく、

よほど熟練した登山者でないと、白神山地を制覇するのは

難しいということです。


晴れ白神山地の見所はブナの原生林です。

白神山地のブナの原生林は樹齢の若いもの、大木、

老木、倒壊し朽ちたものまであらゆる世代が見られます。

もちろんブナだけでなく、カツラ、ハリギリ、アサダ

などの大木も見られます。

世界遺産の登録は、観光地であるからではなく、

このような広大な原生林が世界的に珍しいためです。

晴れ世界遺産緩衝地域内の3つの「暗門の滝」は、

駐車場、バス停から片道1時間(第三の滝のみならば

片道30分)で行けるので

観光地として人気があります。

ほかに「二ツ森」、津軽峠にある樹齢四百年とも

いわれる巨木「マザーツリー」、など見所があります。

(記事 写真 世界遺産ウィキペディア転載)



タグ:自然 環境
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。