自然遺産 バイカル湖 自然遺産 世界の自然遺産のことをもっとしろう

スポンサードリンク

自然遺産 バイカル湖

275px-Baikal_ol%27chon_ri_s%C3%BCdosten.jpg
晴れ自然遺産のバイカル湖は
ロシアのシベリア連邦管区のブリヤート共和国と
イルクーツク州にまたがる湖です。

自然遺産のバイカル湖は長径600km×短径30kmに及び
湖水面の面積は31,494 km²でヨーロッパとの境にあるカスピ海や、
現在急速に面積が縮小しているアラル海を除くと
アジア最大です。

しかもバイカル湖の最大水深は1,637mと
世界で最も深い湖です。
水質も、世界一の透明度を誇っていて、
世界遺産の自然遺産に登録されています。

自然遺産バイカル湖は世界で最も古い古代湖でもあり、
2,500万年の歴史を持っていますexclamation×2

ここで採れるチョウザメからはキャビアわーい(嬉しい顔)が取れるんですね。

オームリやバイカルアザラシ等、
確認されているだけでもサケ科魚類をはじめ多数の
固有種が存在しています。

特に、端脚類(ヨコエビ類)が適応放散で多数の種に
なっていることが知られています。
また、自然遺産として本格的な調査は1980年代後期に
始まったばかりのため、
未確認の固有種も少なくないといわれています。

ひらめき適応放散とは
生物の進化に見られる現象のひとつで、
単一の祖先から多様な形質の子孫が出現することをいいます。

その分かれ方が、あまりに甚だしく、広範囲にわたる場合に、
特にそれを指して適応放散と呼んでいるそうです。

ひらめきオームリってあまり聞きなれないですが、
サケの種類の名前です。バイカル湖ではかなりメジャーな
魚らしいですよ。

バイカル湖では生息場所や生態の違いで、
少なくとも三グループのオームリが生息しているとのことです。

晴れ自然遺産としてのバイカル湖の価値は
かなりの種類の魚類が生息してることのようです。
タグ:自然遺産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。