自然遺産 パーヌルル国立公園 自然遺産 世界の自然遺産のことをもっとしろう

スポンサードリンク

自然遺産 パーヌルル国立公園

パーヌルル国立公園
晴れ自然遺産パーヌルル国立公園は
オーストラリア北部キンバリー地区にあります。

アボリジニの言葉で砂岩を意味するバングル・バングルと
呼ばれるおもしろい形の岩があって世界遺産(自然遺産)に
登録されました。

パーヌルル国立公園に行くには
一番近い町、北に位置するクヌナラからノーザン・ハイウェーを
走って約250kmの距離にある
スプリング・クリーク道を利用しなくてはなりません。

この道路は乾期(4月から10月)のみしか使えず、
また四輪駆動車も必要となります。

この道を安全に51kmもの距離を3時間位走ることができれば
やっとパーヌルル国立公園に到着できます。

それ以外はヘリコプターを利用します。

パーヌルル国立公園のバングル・バングルは
砂岩を意味するか、あるいは英語のbundle(束)の訛であると
いわれています。

公園内は高いところで海抜578mにも及び、
砂岩によるドーム状の地形があり、このドームが褐色の
縞模様をなしていることでとても有名です。

この縞模様は
微生物の繁殖が比較的行われやすい粘土層と、
乾きが早く微生物の繁殖しにくい砂岩層があり、
層によって微生物の含まれる量が違うことによって生ました。

この不思議な砂岩と大小の岩石がセメント状になったもので
ドーム状のものがたくさん存在しているのです。

これらの見事な奇岩郡によって、
どこか別の惑星のような不思議な世界・・・を
かもし出しています。

また湿潤な雨季と、雨が全く降らない乾季とはっきりと
季節が分かれています。

これらの奇妙な風景が広く世の中に知れたのは
つい最近の1980年代で、
オーストラリア最後の秘境といわれています。

ひらめきまだまだ地球上には、秘境と呼ばれるところが
たくさんありますね。

(世界遺産 wiki より)
タグ:自然遺産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。